長谷川龍伸法律事務所 公式ホームページ

料金体系

事務所内

料金体系(税抜表示)

詳細はご相談時にご説明いたします。

法テラスによる立替払制度が利用できます(要件あり)。

法律相談料

 30分あたり5,000円

民事・家事事件

 着手金・・・事件などの依頼を受けた時
 報酬金・・・事件などの処理が終了した時
 実費等・・・事件処理に必要な収入印紙、切手代、交通費等

1 訴訟事件

経済的利益の額着手金報酬金
300万円以下の場合8%16%
300万円を超え3000万円以下の場合   5%+9万円10%+18万円
3000万円を超え3億円以下の場合3%+69万円6%+138万円
3億円を超える場合2%+369万円4%+738万円

  着手金は、10万円を最低額とします。
  手形小切手事件の着手金・報酬金は、上記の2分の1とし、5万円を最低額とします。

2 調停および示談交渉事件

  上記1に準じます。ただし、事情により3分の2に減額することも可能です。
  示談交渉から調停、示談交渉または調停から訴訟その他の事件を受任する時の着手金は、
  上記1の2分の1
  着手金は、10万円を最低額とします。

3 離婚事件

離婚事件の内容着手金報酬金
離婚調停・離婚交渉事件         30万円が標準  30万円が標準 
離婚訴訟事件 40万円が標準 40万円が標準

  離婚の調停に引き続き訴訟を受任する時の着手金は、上記の2分の1とします。
  財産分与・慰藉料などの財産給付を伴う時は、前記1・2の額が加算されます。

4 破産・再生・任意整理
  

内容着手金報酬金
個人破産30万円が標準
個人再生30万円が標準
会社及び代表者破産80万円が標準
会社民事再生100万円以上事案によって異なる
任意整理債権者1件につき3万円過払金があった場合はその20%

  債権者数や事案によって異なります。

顧問料

  事業者月額3万円以上
  相談量や事業規模等によって異なります。

相談室1 相談室2
  

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional